EnglishJapanese
  • [ 平日の観光案内 ]
    はくい市観光協会0767-22-5333
  • [ 土日の観光案内 ]
    ちりはまホテルゆ華0767-22-7500

EnglishJapanese
  • [ 平日の観光案内 ]
    はくい市観光協会0767-22-5333
  • [ 土日の観光案内 ]
    ちりはまホテルゆ華0767-22-7500

体験・イベント

大祓式

おおはらえしき

毎年6月30日に気多大社で行われている伝統行事です

一年の境目、六月晦日午後六時半に行われる夏越の祓いは、「茅の輪神事」または「茅の輪くぐり神事」ともいわれ、祓具として茅の輪(罪、けがれを祓うためにくぐる輪)が用いられるところに特徴があります。

まず大祓祝詞を奉唱し、次に大麻をとり天下国家を祓った後、続いて茅の輪が設置されたところに宮司以下職員が進み、衣笠をかぶり水無月の夏越の祓いする人は、千歳の命延ぶというなりと唱えながらくぐり、続いて一般参拝者も同じようにしてくぐります。

神事後に所役が祓い具(茅の輪、衣笠、大麻)、贖物(木綿)、撫物(人形)などを海に流して行事が終わります。

開催日時 6月30日
開催場所 気多大社